テクノロジー

明日の農業に備え

時間を読んでいる分
Tags: , コネクティビティ, Eモビリティ, 効率
増加し続ける世界人口のため、より生産性が高く持続可能な農業が求められています。スマート・ファーミングこそ現在の農産業が直面しているキーワードです。
Kathrin Wildemann, 2019/11/14
author_image
Kathrin Wildemann 2016年から常設のZFコピーチームに在籍。オンラインとオフライン両方の記事を担当し、Eモビリティや持続可能性に関連する話題に大きな関心を持っています。
世界人口は毎秒ごと2人ずつ増えています。2050年には地球上に約96億人の人間が住むようになると予測されていますが、これは1987年と比べ約2倍の数です。それだけの食物、バイオ燃料、その他の農作物の需要を満たすには、2013年と比べてほぼ50%も農産物の生産を増やすことが必要になります。これは国際連合食糧農業機関(FAO)が計算した数字です。しかし、世界人口の傾向に反し増加していない要素があります:ここ数年間にわたり、栽培が可能な農地は世界全体の面積の約37%にとどまったままなのです。実際、この割合は1990年代後半から少しずつ減る傾向にすらあります。

干害、猛暑、異常気象:気候変動が農業に与える影響

干害、猛暑、異常気象:気候変動が農業に与える影響
さらに世界的な傾向が、膨大な課題を阻止し農業セクターを直撃しています。農業にとっては、気候変動の影響によりことに打撃を受けたのが経済分野です。気温が高くなったり、温暖となった気候で降水量が増えたりすることで現時点でポジティブな影響を受けることがあったとしても、猛暑や干害、洪水などは最終的には世界中の収穫を減らすことになります。暖かい地方にある低所得国ではことに、気候条件が変わってもそれに合わせて農業の方法を変えていく財源のない農家がほとんどで、こうした国々が今日ではすでに深刻な影響を受けています。
そのため、2050年には96億人となる人口が必要とする食料を作り出すには、生産性を大きく増加する方法が必要となります。同時にそれらは資源に対して効率がよく、持続可能な方法であることが大切です。私たちの日常生活のあらゆる分野ですでに根本的に変化してきた技術的なトレンドが、その鍵です:デジタル化、あらゆる設備のネットワーキング、情報、「モノのインターネット」における独立したオペレーティングシステムです。
農業生産は最低でも約
50 パーセント
2050年までに増加しないと、世界人口の増加に伴う需要を満たしていくことはできません。
eTRACにより斜面や水浸しの土壌での作業が容易になります。eTRACにはさらにスラストが加わり、重量なトレーラーを馬力の弱いトラクターでも引っ張ることができるようになります。

スマート・ファーミングがもたらすデジタル化とネットワーキング

スマート・ファーミングがもたらすデジタル化とネットワーキング
将来の農家では、農地にセンサーが設備され、湿度やその他の土壌データを監視し、ドローンが上空から植物の状況を探知するようになります。これで集められたデータをもとに灌漑、施肥または農薬の必要量を正確に決定し、選択的に適用することが可能になります。高分解能マップのお陰で耕作可能な土地を最適に使用し、正確に計算されたルートをたどることができるスマートアシスタンスシステムが搭載されたトラクターが種を蒔きます。農家の方たちはこれで実際の業務や播種プロセスの監視に集中することができるようになります。
総じて、このようなネットワークシステムは高価な原材料にかかる費用を削減してくれるだけでなく、環境も保護します。バイエルン州の農業研究所ではデジタル化された農作業で、除草剤の消費を10%、燃料の消費を20%削減できると見積もっています。
ホイール近接型eTRAC電動ドライブ:例えば鋤に搭載し、電動牽引サポートを提供します。

ZFではまた、農業機械関係のポートフォリオでこのようなスマート ファーミングのアプローチを追求しています。「高効率、安全、ネットワーク化 – これこそ私たちの未来の農業に向けてのビジョンです」と語るのはZFの農業機械システム製品ラインの責任者カール グラット博士です。「農業に携わる方々に将来の課題にしっかり備えていただくため、このシステムを提供してお手伝いしたいと考えています」。接続ソリューションZFlinkがあれば、アプリを使って常時農業機械の状況をモニタリングしたり、ドライブラインからのデータをもとに前もって車のメンテナンスをスケジュール管理したりすることができるようになります。これはダウンタイム、派生的損害、そしてコストの削減に繋がります。レーダーベースのトラクターアシスタンスシステムは歩行者や自転車を検出してくれるため、畑や畑に向かう路上での安全性が著しく高まります。
接続ソリューションZFlinkがあれば、アプリを使って常時農業機械の状況をモニタリングしたり、ドライブラインからのデータをもとに前もって車のメンテナンスをスケジュール管理したりすることができるようになります。

効率性の向上、エミッションの削減

効率性の向上、エミッションの削減
ZFのビジョン ゼロは事故もエミッションもない世界を作ることを目的としていますが、あらたなテーマが加わりました:農業は気候変動で特に強い打撃を受けているだけでなく、温室効果ガスを排出している最大の源泉でもあります。全世界のエミッションの約21%がここで排出されています。そのほとんどは畜産によるメタンガスと窒素酸化物です。しかし農業用トラクター等の車両からの排気ガスも少なくありません。そこでトラクター、農機具、トレイラー等の電動補助ドライブは、燃料と二酸化炭素を著しく節減する可能性を提供しているといえます。「ZFはすべてを電動化」をモットーにしたラインで、ZFグループは幅広いアプリケーションに利用できるソリューションを開発しています。
ZFの「AgriApp」では全情報が明確に準備されています。

その一例がホイール近接型eTRAC電動ドライブです:鋤などに搭載し、電動牽引サポートを提供することで、斜面や水浸しの土壌での作業が容易になります。eTRACにはさらにスラストが加わり、重量なトレーラーを馬力の弱いトラクターでも引っ張ることができるようになります。こうしたソリューションは気候にやさしいだけでなく、下層土のためにもいいのです。農耕地の土壌圧縮化が農業では常にどこでも共通した問題の一つだからです。